鹿児島県水産加工品販路開拓・ものづくり推進協議会とは

ブランド化についての意見交換。
会員の商品を持ち寄った情報交換会。
「こだわり食品フェア」への共同出展。

設立目的

本県の水産加工業者等が連携して消費者ニーズに合った水産加工品の開発や販路開拓、品質管理技術等の向上に取り組むことにより、本県水産業全体の振興を図ることを目的に、平成24年6月15日に設立されました。


会員(H30年9月現在)

県内の水産加工業者、漁業協同組合、加工組合等20社(団体)


会長及び副会長

・会長 大茂 健二郎(株式会社ボニト食品 代表取締役社長)
・副会長 松元 要(新洋水産有限会社 代表取締役社長)


事務局

所在地:鹿児島市船津町1-11 
株式会社創企堂内
TEL 099-239-0253 FAX 099-239-0254
E-mail info@sokido.jp


事業内容

(1)水産加工業等の発展に資する各種セミナーの開催
(2)会員相互意見交換会・情報交流会
(3)本県水産加工品のPR
(4)関係者、関係機関等との情報交換


お問い合わせはこちら

会長あいさつ

消費人口の減少や魚離れの進行,原料の高騰などにより、水産及び水産加工業界を取りまく環境は非常に厳しい状況にあります。また、高齢化社会におけるシニア層や単身世帯の増加、消費者ニーズの多様化など、社会情勢も大きく変化しており、販売ターゲットをしっかり見据えた商品開発や新たな販路開拓に取り組まなければ生き残れない時代となってきました。
そのような中、志を同じくする企業・団体が集まり、行政とも連携して、平成24年6月に本協議会を設立いたしました。鹿児島の豊かな水産資源と加工品を全国に届けていこうと、各会員が加工品の品質向上や商品開発等に取り組むとともに、会員が連携して本県水産物や水産加工品のイメージアップを図ろうと取り組んでおります。

会長 大茂 健二郎

関連団体ホームページのリンク